とびひにステロイドはOK? リンデロンVG軟膏 VS テラコートリル軟膏

スポンサーリンク

とびひにステロイドを含む軟膏(リンデロンVG軟膏やテラコートリル軟膏など)を使う医師もいます。

絶対に使わない医師もいます。

なぜでしょう?

とびひにステロイドを含む軟膏(リンデロンVG軟膏やテラコートリル軟膏など)を使ったら悪化しました。

なぜでしょう?

このような疑問にお答えしたいと思います。

スポンサーリンク

とびひにステロイド軟膏はOK?NG?

ステロイド軟膏の作用

ステロイド軟膏の主な作用は次の3つです。

  1. 抗アレルギー作用
    アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、湿疹などによるかゆみを抑える

  2. 抗炎症作用
    虫刺され、日焼けなどによる赤み・腫れを抑える

  3. 免疫抑制作用(後述)

とびひはかゆみが強いため、かきむしりで広がります。

とびひのかきむしりを防止するため、ステロイドと抗生物質の配合剤リンデロンVG軟膏テラコートリル軟膏を使う場合があります。

ステロイド軟膏の副作用

ステロイド軟膏には免疫抑制作用があります。
(免疫抑制作用は使い方次第で、主作用・副作用のどちらにもなります)

免疫を抑制すると、細菌・ウイルスなどの感染を受けやすくなります。

そのため、教科書的にはステロイドはとびひ、水虫、ヘルペスなどの細菌・真菌・ウイルス感染症には使用禁止です。

しかし実際は、ステロイド軟膏と抗生物質の配合剤はとびひ、ヘルペス、水虫などの腫れ、炎症、かゆみ、二次感染を抑えるための初期治療のひとつとして使用される場合があります。

スポンサーリンク

とびひにステロイド軟膏を使うと悪化

とびひは2種類があります。
(とびひの正式な病名は伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん))

  1. 水疱性膿痂疹(すいほうせい)
    →水ぶくれタイプ
  2. 痂皮性膿痂疹(かひせい)
    →小さなかさぶたタイプ

(とびひの写真はグーグルで検索してください)

子供がなりやすい夏のとびひ水疱性膿痂疹です。
痂皮性膿痂疹は季節に関係なく一年中起こるとびひです。

どちらのとびひも、ステロイド軟膏の免疫抑制作用が副作用となり、とびひは悪化する場合があります。

とびひへのステロイド軟膏の使用は、とびひを悪化させる原因のひとつです。

スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎に合併するとびひ

とびひとアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎(以下、アトピー)や乾燥肌の方は、皮膚のバリア機能が弱いため、とびひなどの細菌感染を受けやすいです。

アトピー肌と正常の肌のバリア機能

そのため、日々の保湿は必須です。

保湿剤ヒルドイドの効果をひきだそう! 使い方と副作用(塗り方、順番、量)
ネットではアンチエイジングクリームや化粧水として話題のヒルドイド。ヒルドイドは保湿効果にすぐれ、顔、首、全身に使えます。塗り方、量、回数を守ればもっと効果を引き出せます。

子供がなりやすい夏のとびひは水疱性膿痂疹でしたが、アトピー肌や乾燥肌の方がなりやすいとびひは、痂皮性膿痂疹(以下、かさぶた型とびひ)です。

どちらのとびひも、黄色ブドウ球菌や連鎖球菌などの細菌感染が原因ですので、治療には抗生物質の塗り薬や飲み薬を使います。

とびひ薬 抗生物質ゲンタシン軟膏VS抗菌剤アクアチム軟膏【塗り薬】
子供のとびひには、ゲンタシン軟膏、アクアチム軟膏、フシジンレオ軟膏、テラマイシン軟膏などの抗生物質(抗菌剤)の塗り薬を使うことが多いです。

かさぶた型とびひの治療

かさぶた型とびひは、アトピーに合併している場合が多いため、かさぶた型とびひとアトピーの両方の治療が必要です。

先述のとおり、アトピーの治療で使用される塗り薬はステロイド軟膏です。

ステロイド軟膏の使用はとびひを悪化させる原因のひとつですが、急にステロイド軟膏を中止した場合、アトピーが悪化する場合が多いです。

アトピーと脱ステロイド(脱ステ・脱保湿) リバウンドしないステロイドの止め方は?
脱ステロイド(脱ステ)でアトピーが治る方がいるのも事実です。ただし、脱ステロイドでアトピーが治る方というのはほんの一握りで、脱ステロイドをしたほとんどの方は、リバウンドで脱ステロイド組から早期離脱します。

アトピー合併とびひの理想的な治療法

  1. アトピーの湿疹には、今まで使用していたステロイド軟膏
  2. とびひの湿疹には、抗生物質の塗り薬

湿疹の原因別に軟膏を塗り分けることが治療の理想です。

しかし、私たちがアトピーの湿疹なのか、とびひの湿疹なのかを見分けて使うことは現実的ではありません。

このようなアトピー肌にとびひが合併したときに重宝されるのが、リンデロンVG軟膏やテラコートリル軟膏などのステロイドと抗生物質の配合剤です。

ステロイドを含まないアトピーの塗り薬

アトピー塗り薬 プロトピック軟膏(タクロリムス)の効果と使い方
アトピー治療で欠かせない塗り薬となったプロトピック軟膏。ステロイドとの違いと効果、使い方、プロアクティブ療法を解説します。

ステロイドと抗生物質の配合剤1
リンデロンVG軟膏

リンデロンVG軟膏は、リンデロンV軟膏(吉草酸ベタメタゾン)とゲンタシン(ゲンタマイシン)の配合剤です。

リンデロンVG軟膏=リンデロンV軟膏+ゲンタシン軟膏

リンデロンVG軟膏のステロイドの強さは「ストロング」です。

リンデロンVG軟膏のステロイドの強さ

リンデロンVG軟膏の使い方

リンデロンVG軟膏は、1日2回~3回、とびひが出ているところに限定して塗ります。

アトピーの湿疹がひどいようであれば、湿疹全体に塗る場合もあります。

湿疹が広がってくるようであれば、アトピーもしくはとびひへのリンデロンVG軟膏の効果が不十分であるため、ただちに再診が必要です。

リンデロンVG軟膏の問題点

リンデロンVG軟膏は、皮膚科、小児科、内科で1度は処方されたことがあるのではないでしょうか。

リンデロンVG軟膏は、ステロイドと抗生物質のいいとこ取りができ、効果も良好で使い勝手が良いです。

そのため、リンデロンV軟膏(ステロイド)もしくはゲンタシン軟膏(抗生物質)で十分であるはずの病気にも、リンデロンVG軟膏は使われている印象があります。

とびひ市販薬 抗生物質テラマイシン軟膏 VS ドルマイシン軟膏
とびひ市販薬は使い方にコツがあり、使い方を誤ると、とびひが治るどころか悪化させる場合があります。

ステロイドと抗生物質の配合剤2
テラコートリル軟膏

テラコートリル軟膏とは

テラコートリル軟膏

テラコートリル軟膏は、オキシテトラサイクリン塩酸塩(テトラサイクリン系抗生物質)とヒドロコルチゾン(ステロイド)の配合剤です。

ステロイドの強さは「マイルド~ウィーク」です。

軟膏は真っ黄色でインパクトがあります。

黄色のテラコートリル軟膏

出典:タケダHP

テラコートリル軟膏に似た名前に、テラマイシン軟膏があります。テラマイシン軟膏は抗生物質同士の配合剤です。

とびひの塗り薬 抗生物質フシジンレオ軟膏 VS テラマイシン軟膏
フシジンレオ軟膏、テラマイシン軟膏は、昔からある古いタイプの抗生物質塗り薬ですが、とびひには今もよく使われる塗り薬です。違いと使い方をメインに解説します。

テラコートリル軟膏の使い方

テラコートリル軟膏もリンデロンVG軟膏と同様に1日2回~3回、とびひが出ているところに限定して塗ります。

アトピーの湿疹がひどいようであれば、湿疹全体に塗る場合もあります。

湿疹が広がってくるようであれば、アトピーもしくはとびひへのテラコートリルの効果が不十分であるため、ただちに再診が必要です。

化膿したニキビ(赤ニキビ)にテラコートリルを使用する医師もいます。

アクアチムクリーム、ダラシンTゲルは古いニキビ薬? 効果と副作用 市販は?
ニキビ新薬(ディフェリン、ベピオ)発売後も、ダラシン、アクアチムは化膿したニキビに使われています。ディフェリン、ベピオとの併用で、相乗効果が期待できます。

とびひが悪化しないために

とびひの診察後に「3日くらいしたら、もう一度診察に来てください」と言われたことはないでしょうか。

その理由は2つあります。

  1. ステロイド軟膏で、とびひが悪化していないか確認するため
  2. 抗生物質のとびひへの効果を確認するため
  3. (アトピーの状態を確認するため)

リンデロンVG軟膏(テラコートリル軟膏)の抗生物質が効かないとびひに、リンデロンVG軟膏(テラコートリル軟膏)使い続けると、耐性菌ができてもっと効かなくなります。

ステロイドと抗生物質の配合剤は実は使い方が難しく、もろ刃の剣です。

軟膏(塗り薬)の塗り方 いつ、何回、塗る量は?ステロイド軟膏を中心に解説
化粧品と同じで、使用法、量、回数を守らないと塗り薬は効果を発揮できません。ステロイド軟膏を中心に、ニキビ、水虫、保湿剤の塗り方まで解説します。

まとめ

  1. ステロイド軟膏の免疫抑制作用が副作用となり、とびひは悪化する場合がある
  2. ステロイド軟膏はとびひなどの細菌感染症に塗るのは原則禁止
  3. ただし、とびひのかきむしりを防止するため、ステロイドと抗生物質が配合剤を使うことがある
  4. かさぶた型とびひは、アトピーに合併している場合が多いため、とびひとアトピーの両方の治療が必要
  5. 急にステロイド軟膏を中止すると、アトピーが悪化する場合がある
  6. アトピーにとびひが合併したとき、ステロイドと抗生物質の配合剤は重宝される
  7. リンデロンVG軟膏(テラコートリル軟膏)は、ステロイドと抗生物質のいいとこ取りができるため使い勝手が良い
  8. 結局、とびひにステロイドを含む軟膏を使うかどうかは、医師の考え方による