アトピー薬プロトピック軟膏の効果、副作用と使い方をステロイドと比較 プロアクティブ療法とは?

sokka

アトピー性皮膚炎の治療では、保湿剤をベースにステロイド軟膏を塗るという方法が主流でした。

1999年、プロトピック軟膏が発売され、アトピーを治療している方にとって、プロトピック軟膏はなくてはならない薬となりました。

そして、ステロイド軟膏とプロトピック軟膏を用いた、新しいタイプの治療法「プロアクティブ療法」がじわじわと広まってきています。

ステロイドアレルギーの方も含めて、プロトピック軟膏は、試す価値はあるアトピー薬かもしれません。

アトピー性皮膚炎のことを「アトピー」と簡略表記します。

スポンサーリンク

プロトピック軟膏のアトピーへの効果(強さ)

プロトピック軟膏は、免疫抑制作用のあるタクロリムスを有効成分とする薬です。

タクロリムスは、臓器移植時等の拒絶反応を抑える内服薬(プログラフ、グラセプター)して利用されていました。

アトピーで起こる免疫反応を抑える目的で、その成分を軟膏として活用した薬がプロトピック軟膏です

ステロイド軟膏も免疫を抑えて、症状を改善しますが、プロトピックとステロイドの成分は、作用の仕方が異なります。

プロトピック、プロトピック小児用とステロイド外用薬の強さ比較図

プロトピックの効果(強さ)は、次の各クラスとステロイド軟膏と同等の効果(強さ)と考えられています。

  • プロトピック軟膏0.03%小児用
    「マイルド」
  • プロトピック軟膏0.1%
    「ストロング」

プロトピック軟膏とステロイド軟膏の効果の違い

プロトピック軟膏には、ステロイド軟膏にはない「皮膚バリア改善効果」があると言われています。

この薬を使って治したアトピーの皮膚はきれいに治ることが期待できます。

ステロイド軟膏を継続して使用すると、毛細血管の拡張が持続し、皮膚の赤みとして残ることがあります。顔や首は皮膚が薄いため、赤みが目立ちやすいです。

アトピー治療で使うステロイドの副作用の真実とウソ
ステロイド軟膏は正しく使えば、アトピーなどの炎症をすばやく押さえ込み、QOLの向上させる薬です。しかし、ステロイドは怖いものとして認知されているようです。Q&A形式で副作用を整理します。

プロトピック軟膏はそのような症状は出ないため、顔や首によく使用され、体に使用するより効果が高いです。

プロトピック軟膏とステロイド軟膏の妊婦への使用

ステロイド軟膏は、妊婦に使用できますが、プロトピック軟膏は、妊婦禁忌です

他に、妊婦禁忌の塗り薬は、ディフェリンゲル、プロスタンディン軟膏などがあります。

妊婦必見!妊娠中の薬服用不安と心配を解くヒント その薬飲んで大丈夫?
妊娠中の薬の使用に抵抗があるのはあなただけではありません。妊娠の時期によって気を付ける薬も違います。赤ちゃんに対する薬の危険度を示す評価基準(FDA妊婦カテゴリー)で、新しい薬との付き合い方を提案します。

プロトピック軟膏の使い方

プロトピックの軟膏の塗る場所

先述の通り、プロトピック軟膏は体に使用するより、顔や首に使った方が高い効果が期待できます。
そのため、プロトピック軟膏は、首から上のアトピー症状が出ている部分に使用することが多いです。

プロトピック軟膏は正常の皮膚では、吸収されにくく、炎症を起こしている部分に集中的に効果を示すという特徴があります。

プロトピック軟膏が正常皮膚で吸収がよくない理由

キンダベート有効成分の構造式

キンダベート有効成分の構造
分子量478.98

プロトピック有効成分の構造式

プロトピック有効成分の構造
分子量822.03

リンデロンV軟膏有効成分の構造式

リンデロンV有効成分の構造
分子量476.58

プロトピック軟膏の有効成分(タクロリムス)の構造式の形を見てください。

構造式の複雑さ=分子サイズ(分子量)と考えてください。

タクロリムスの分子量は約800です。他のステロイド軟膏の主成分と比較すると、かなり複雑で大きいことがわかりますね。

皮膚は分子量の小さい物質は通すが、大きい物質は通しにくい特徴があります。

皮膚バリア機能

正常な皮膚へ浸透しやすい分子量の目安は、400から500くらいと考えられています。バリア機能の低下した皮膚(アトピーなど)は、800から900程度まで通すことがあります。

プロトピック軟膏がアトピー部位に効果的に作用する秘密はそこにあります。

皮膚吸収とステロイド軟膏のランクについて

塗り薬の軟膏とクリームの違いは基剤!吸収率、使用感で使い分ける
使用感、効果、吸収率、吸収速度を決める要素のひとつが基剤です。塗り薬の治療においては、有効成分と同じくらい基剤の選択がキーポイントになります。軟膏とクリームのどちらがよく効くのでしょうか?

プロトピックの塗る量と塗り方

プロトピック軟膏0.1%とプロトピック0.03%小児用

プロトピック軟膏は、16歳以上が使用可能なプロトピック軟膏0.1%と、2歳以上が使用可能なプロトピック軟膏0.03%小児用があります。

どちらも一日最大塗布量は5g(チューブ1本)です。

プロトピック軟膏0.03%小児用は、小児用と記載がありますが、成人にもプロトピック軟膏0.03%小児用が処方されることがあります。

  • 皮膚の薄い耳などのアトピー症状に使う場合
  • 副作用が消失しない場合など。

プロトピック軟膏の塗る場所の面積に対する塗る量は
軟膏(塗り薬)の塗り方と注意点 いつ何回どのくらいの量を塗る?』のステロイド軟膏の項目で説明している量の半量くらいが目安です。

プロトピックの塗布量

5gの軟膏チューブの場合、人差し指の第一関節から先まで絞り出した量は約0.25gです。

ただし、プロトピック軟膏は、次のようなところには塗ってはいけません。

  • ジュクジュク部分
  • にきび部分
  • 粘膜部分

「塗り始めてから4週を超える頃から1日1回塗布の症例が増え、改善率も1日1回と1日2回でほとんど差は認められなかった」

プロトピック軟膏インタビューフォーム

アトピーの症状の改善具合をみながら、少しずつプロトピック軟膏を減量していくのが主流の塗り方となっています。

プロトピック軟膏と他の軟膏との混合

皮膚科の混合軟膏メリット・デメリット 使用期限と保存のルールはある?
【混合動画有】皮膚科に行くと、プラスチック容器に入った薬を渡されることがあると思います。たいていそこには混合軟膏が入っています。軟膏の混合にはメリットとデメリットがあります。

プロトピックは他の軟膏との混合は行いません

有効成分タクロリムスは、ワセリンなどの脂溶性基剤に溶けにくいため、液滴分散法(有効成分を溶かし込んだ液滴を基剤中に均一に分散させる方法)が用いられています。

プロトピック軟膏を他の軟膏と混合すると、液滴分散が崩れ、皮膚への吸収や安定性に影響を与え、効果が減弱します。

プロトピック軟膏の副作用
刺激感、灼熱感

いいことばかりのプロトピック軟膏ですが、ひとつ高頻度に起こる副作用があります。

個人差はありますが、
ほとんどの方(約6割)に塗ったところが熱くなった感じがする(灼熱感)、ヒリヒリした感じがする(刺激感)という副作用が出ます。

これらの副作用が、プロトピック軟膏を塗ってから10分後~1時間程度続くことがあります。

この副作用は、プロトピック軟膏を塗った初日から起こり、1週間くらいで治まります

しかし、プロトピック軟膏を塗る前の皮膚症状によっては、6カ月くらい軽い刺激感の副作用が続くこともあります。

副作用がひどくて中止になった例はあまり見たことがありませんが、刺激感の副作用がひどい場合は医師と相談して下さい。

プロトピック軟膏の副作用対策

プロトピック軟膏の副作用を軽減するための、6つの副作用対策を挙げてみます。

  1. 狭く薄くプロトピック軟膏を塗って様子を見て、少しずつ広げて塗ってみる
  2. ヒルドイドなどの保湿剤を先に塗って、その上からプロトピックを塗る(効果に変化はありません)
  3. ステロイドで皮膚の炎症を抑えてから、プロトピック軟膏に切り替える
  4. 抗アレルギー薬(抗ヒスタミン剤)を併用する
  5. 夏など、強い紫外線を浴びない
  6. 患部を冷やす(温めない)。入浴後に塗らない
保湿剤ヒルドイドの効果を最大にする使い方(塗り方、順番、量)と副作用
ヒルドイドは、ネットではアンチエイジングクリームとして紹介されています。ヒルドイドは保湿効果に優れますが、塗り方、量、回数を守ることで最大の効果を発揮します。

プロトピック軟膏はただれているところや、掻きむしった跡の傷等には塗らないのですが、塗ってしまった場合は、かなりの刺激感の副作用がでます。

なぜならば、傷跡などはバリア機能が低下しているため、プロトピック軟膏の皮膚での吸収がいいからです。

紫外線UVA、UVBの違いと、日焼け、シミ、しわ、そばかすの原因
地上に降り注ぐ紫外線は、UVAとUVBがあり、どちらも体が肌に有害で、日焼け、しわ、シミ、そばかす、皮膚がん、白内障の原因になります。若いときから対策をすることは大切です。

プロトピック軟膏とステロイド軟膏の塗る順番

ステロイドとプロトピックの順番

皮膚の炎症が強い時は、プロトピックの副作用も出やすいです。

皮膚の炎症が強い時は、ステロイド軟膏で皮膚症状を安定させてからプロトピック軟膏を使うのが一般的な使い方です。

アトピーの治療には、ステロイド軟膏とプロトピック軟膏を使ったプロアクティブ療法があります。日本でも、じわりじわりと広まってきています。

プロトピック軟膏とステロイド軟膏のプロアクティブ療法

「プロアクティブ」と聞いて、ニキビを想像されるかもしれませんが、プロアクティブ療法はニキビとは関係ありません。

ニキビ抗生物質塗り薬 アクアチムクリームVSダラシンTゲル 効果、副作用、使い方
ニキビ新薬(ディフェリン、ベピオ、デュアック)発売後も、ダラシン、アクアチムは、化膿したニキビに使われています。ディフェリン、ベピオとの併用で、相乗効果が期待できます。

リアクティブ療法

リアクティブ療法をイメージして説明した図

アトピーは、ステロイド軟膏で治療を始めて、ランクダウンして様子を見ます。

よくなってきたら塗布を中止し、また症状がでてくると再開します。この治療法が従来のリアクティブ療法です。

プロアクティブ療法

プロアクティブ療法を説明したイメージ図

プロアクティブ療法では、症状が良くなっても、すぐにステロイド軟膏やプロトピック軟膏を中止しません。

塗布回数と塗布量を減量しながら、症状がなくても週に1~2回程、アトピー症状が出やすい場所等に、ステロイド軟膏かプロトピック軟膏を継続して塗ります

プロトピック軟膏やステロイド軟膏を止めたくなるとき

ステロイド軟膏やプロトピック軟膏を塗ることで自覚症状がなくなり、表面上はアトピー症状がキレイに治っているように見えます。

ほとんどの方が、この瞬間にステロイド軟膏やプロトピック軟膏をやめてしまいます。

このときこそがアトピーの治療で最も重要な時期なのです。

皮膚の奥ではアトピーの炎がくすぶっていて、完全に治りきっていないことが多いのです。

ここで塗り薬をやめてしまうと、消えかけた炎がじわりじわりと勢いを取り戻します。

プロアクティブ療法は、この考え方が基本になっています。

※リアクティブ療法、プロアクティブ療法のどちらも、保湿剤は全期間継続します

まとめ

プロトピック軟膏とステロイド軟膏のプロアクティブ療法は、「寛解維持療法(かんかいいじりょうほう):再発を防ぎ、良好な状態を保つ目的の治療法」の一種です。

残念ながら、プロアクティブ療法は健康保険上の適応用法ではありません。

2016年のアトピー治療ガイドラインにプロアクティブ療法の記載がありましたので、保険適応用法となる日も近いのではないでしょうか。

  1. プロトピック軟膏は、アトピーの炎症部分に特に効果がある
  2. プロトピック軟膏の強さは、ステロイド軟膏のマイルド~ストロング
  3. プロトピック軟膏と他の軟膏の混合は原則行わない
  4. アトピーの治療は、リアクティブ療法からプロアクティブ療法に変わりつつある